相続対策と資産運用への取り組み

和不動産では、不動産投資を積極的に行うことで評判となる相続税への対策を行うことを視野に入れた運用をしています。相続税といえば、すでに2018年に評判として話題に上る持ち家の相続権において居住年月が関係するものとして世間でもニュースになっています。資産ではあるけれども相続する際の資金化や税支払いへの対応として運用できるかどうかで税金対策になるかどうか決まります。また資産運用において和不動産では不動産に投資するオーナーに対して有益な情報交換やセミナーの機会を提供しています。特段、オーナー同士が交流できるイベントの開催は、セミナーとはまた違った画期的で新しい取り組みともされています。

不労所得は、今後の安定した収入を確保するために必要なものといえます。評判の投資ビジネスの多くは、不老による収入の獲得が出来るかどうかで将来の安定した生活が出来るかにも大きくかかわってくるものとされています。年々、年金受給の年齢が引き上げられ、予測される収入だけでは介護や医療費などに対応できなくなるといったことが想定されます。リスクが少なく長期的に収入が得られる方法としては、不動産投資によるマンション経営など挙げられます。ある程度波に乗ることで所有しているだけで収入を安定的に得られる状態になるという可能性があるのです。

東京の都心部に主軸を置いている和不動産が中古マンションを推し進めるのは、現状のアパートや分譲マンションにはない利点に着目しているためです。まず和不動産によって中古の中でも最初に提案するものとしてワンルームマンションが取り上げられます。中古は新築よりも初期費用がかかりにくい上に、賃料を新築基準で設定できるなど収益性の高さが光ります。また、中古としてワンルームマンションが利用されていたことから、すでに立地のよさがあるため、空室が出にくい点も和不動産が目を向ける理由です。収益性と空室のリスクマネジメントが同時に可能となる中古ワンルームマンションを最初の投資として行うことで投資の成功を後押しします。

和不動産の不動産投資において重要なのは、いかに失敗するリスクを減らすかという点にあります。投資において失敗というのは、マイナスのことを意味していて、資産を減らしてしまい評判が低く経営がうまく出来ていないことを指します。和不動産は投資する人が失敗しない不動産投資のあり方を提示して、ノウハウを教授します。投資のゲームの体験ができる催しなどチャレンジの姿勢があるイベントを開催しています。